sitetitle sitetitle sitetitle

一戸建てのリノベーション

リノベーションはこれまでマンションが中心でしたが、一戸建てでも行われるようになってきました。リフォームが新築時点の状態に戻すことを目的とするのに対し、リノベーションは全く新しいものに作り替えることを目的とします。その最たるものでは骨組みの状態にまで解体して、他はすべて改修するという物件もあります。中古住宅の最大のデメリットは性能の劣化にあり、それを嫌って新築を選ぶ人もいます。しかしリノベーション住宅は、最新の技術によって古い建物を作り替えることになるので、耐震性や耐火性など性能の面での不安は残りません。分類上は中古ですが、建物自体は新しく生まれ変わることになるので、新築のような気持ちで入居できます。

中古一戸建てのリノベーションには、事業者が中古住宅を買い取り、リノベーションを施してから改めて販売するパターンと、個人が中古住宅を購入し、そのリノベーションを業者に依頼するパターンとに分かれます。

前者は、事業者が物件の資産価値を上げるため、柱を補強するなどして性能を向上させたり、前にはなかった設備を追加したりします。新築は売り切ることを目的とするため、良くも悪くも無難に収まることが多いですが、中古のリノベーションの場合にはかなり野心的な設計をしていることもあります。そうした物件をあえて探してみるのも楽しみ方ではあるでしょう。こうした事業者によるリノベーション住宅の中には、適合リノベーション住宅というものがあります。これはリノベーション住宅推進協議会が定めた各設備に対する基準をクリアした住宅であることを示し、一定以上の品質を有することを保証してくれます。

後者の個人でリノベーションを依頼する場合、最大のメリットは理想を形にできるということです。ただ、そのためには建築についてしっかりとした知識を持ち、また自分なりに具体的なプランを持っていないといけないことには注意しましょう。リノベーションの費用負担についてですが、それなりにかかってくるのは事実です。ただ、不具合が発生するごとにその都度リフォームを重ねていくよりも、リノベーションで一度に全面改修した方が、トータルで見るとお得であることもあります。追加の出費が発生する心配をせず、日々の生活を送っていけるという安心感も得られます。リノベーションをすれば、新築と同様かあるいはそれ以上の満足感と住み心地が得られる可能性があります。理想の中古一戸建てを選ぶのではなく、自ら作り出すことができるのです。