sitetitle sitetitle sitetitle

間取りにこだわって物件を選ぶ

不動産市場では新築の方が高く評価されますが、実際の性能は必ずしも中古一戸建てが劣っているわけではありません。築年数が経っていても構造的には全く問題が無い場合もあります。そのような中古一戸建てでも新築戸建てと比較すると物件価格は低いために、新築相場が高い希望の土地でも住宅を手に入れることができるのです。また、近年ではリフォームやリノベーションも人気で、改修工事をすることで新築同前の住み心地を手に入れることも可能です。

しかし、ここで気をつけてほしいのが間取りや水回りの配置の変更は難しいことがあるという点です。特に間取りの変更は木造軸組み工法以外の工法で建てられている場合は大変、困難です。また、水回りの配置を変えようと思っても、配管経路がうまく確保できないケースもあります。洗面台やお風呂場の位置を変えたことにより、うまく湿気を外に逃がすことができないつくりになってしまい家の内部でカビが発生してしまうことも考えられます。

もちろん、あくまで難しいというだけで不可能というわけではありません。リフォーム会社が紹介している施工例でも実際にそのような例があります。しかし、大規模な工事になるために金額が上がることは予想しておかなければいけません。ですから、中古一戸建てを購入するときは、間取りや水回りの配置を変えないでも良いと思える物件を選ぶ方が良いのです。そうすることで、理想の間取りを断念しないといけないことも経済的に圧迫されるということも無くなります。